新しいSearch Consoleでインデックス登録を行う方法

設定

新しいSearch Console(サマリー)でもFetch as Google(インデックス登録)は使用可能

ブログで記事を書き終えたら、一刻も早くGoogleの検索エンジンにインデックス登録したいと思いますよね。

そんな時役に立つ機能が、クローラーにサイトの巡回をお願いするSearch Consoleの「Fetch as Google」です。

ところが、新しいSearch Console(サマリー)に切り替えたら、、、

どこにもFetch as Googleが見当たらない!?!?

あせって、「以前のバージョンに戻す」をクリックした人は1人や2人では無いはず!!!

「新しいSearch Console(サマリー)だと、インデックス登録ができないの???」

「インデックスされないと検索エンジンに登録されるまでに時間がかかるなぁ・・・」

って思われた方もいるかもしれません。

だけど、心配無用です!!!

実は、新しいSearch Console(サマリー)でもインデックスの登録が出来るようになっています。

それでは、実際の画面を使って解説していきます。

新しいSearch Console(サマリー)でインデックスの登録をする方法

それでは、今まで使用していたFetch as Googleの画面を見てみます。

Fetch as Googleの画面の画像

見慣れた画面ですね。

これまでなら、新しい記事のURLを入力して「取得してレンダリング」をクリックすればOKでした。

それでは、新しいSearch Console(サマリー)ではどのように設定するか解説していきます。

「新しいSearch Consoleを使用する」か「新しいレポートに移動」をクリック

新しいレポートに移動の画像

URL検査をクリック

サマリーの画像

 

上部のURL入力欄に、インデックスしたい記事のURLを入力

URL入力の画像

ここでのURLの入力は、「https://〜」から入力してあげます。

旧Search Consoleでは、URLを省略して入力していましたが、新Search Consoleでは全てのURLを入力する必要があります!!

インデックスしたい記事のURLを入力してEnterキーをクリック

インデックスしたい記事のURL入力画面の画像

    ⇓

Googleインデックスからデータを取得している画像

   ⇓

URL検査結果の画像

「インデックス登録をリクエスト」をクリック

インデックス登録リクエストの画像

    

公開URLがインデックスに登録可能かテストする画像

  ⇓

インデックス登録をリクエスト済の画像

無事にインデックス登録がリクエストされました。

画面を見てみると、

URLはGoogleに登録されていますという表示の画像

「インデックス登録をリクエスト済み」にチェックが入っているのが分かりますね。

これで、新しいSearch Consoleでのインデックス登録が完了しました。

まとめ

実際、使ってみると旧Search Consoleより使いやすい感覚です。

新しいSearch Consoleは他にも色々な機能がありますから、ぜひ活用していきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました