[徹底解説!]TinyMCE Templatesの設定と使い方

tinymce-templatesプラグインのアイキャッチ画像 プラグイン

記事のテンプレートを作成できるWordPressプラグイン「TinyMCE Templates」の設定方法と使い方を簡単解説します!

tinymcetemplatesプラグインの解説のタイトル画像

このプラグインは、ブログなどの記事を作成する際の作業時間を短縮してくれる便利なプラグインになります。

ブログで記事を書いていると、記事の構成(テンプレート)が決まった形になっていくことがあります。

例えば、何かの商品を紹介するとき、

「イントロ(導入部分)」⇒「その商品の良い点」⇒「残念な点」⇒「他の商品との比較」⇒「結論」

このような構成で記事を作成する場合、

毎回、一から記事を書いていることがありませんか???

もしくは、

過去の投稿記事をコピペして、言葉だけ変えながら作業してたりとかしてませんか???

商品レビューやまとめ記事、解説記事などを書くときは大抵自分自身の中でテンプレートが決まっていると思います。

今回、紹介する「TinyMCE Templates」は、あらかじめ決まったテンプレートを登録できて、好きな時に呼び出せる機能がある便利なプラグインです。

このプラグインを導入するメリットは、

・テンプレート通りに記事を書くので、構成を考える時間が短縮できる

・テンプレート通りに記事を書くので、最後まで構成がブレない

記事の作成に時間がかかる人は、是非このプラグインをインストールして、どれだけ記事作成時間を短縮できるか体感してみて下さい。

「TinyMCE Templates」インストールの方法

それではWordPressプラグインの「TinyMCE Templates」をインストールしていきます。

このプラグインをインストールするためには2通りの方法があります。

  • 「TinyMCE Templates」配布サイトから直接ダウンロード

プラグインを配布しているサイトから直接ダウンロードを行い、サーバ内のWordPressディレクトリに直接インストールする方法になります。これはディレクトリ構造が分かっている方にオススメの方法になります。

  • WordPress管理パネルのプラグイン新規追加からインストール

WordPress管理パネルの「プラグインを新規追加」からインストールする方法になります。直接ダウンロードに比べこちらの方が直感的にインストールできるので初心者の方にオススメの方法です。

「TinyMCE Templates」配布サイトからダウンロード

まずは、プラグインを配布しているサイト(WordPress.org)へ移動し、ダウンロードをクリックします。

サイトはこちらになります。↓↓(配布サイトは別タブが開きます)

TinyMCE Templates

tinymce-templates公式サイトダウンロード画面の画像

こちらのサイトでダウンロードしたプラグインを「/wordpress/wp-content/plugins」ディレクトリにアップロードします。

tinymce-templatesファイルのzip画像

ダウンロードしたプラグインを展開します。

tinymce-templatesファイルの画像

アップロードが完了したらWordPress管理パネルから「インストール済プラグイン」をクリックします。すると、

プラグイン追加画面の画像

プラグイン一覧の中にインストールされたのが分かるので、「有効化」をクリックします。有効化後は管理パネルにある設定画面からいつでも設定を変更できるようになります。

※この時、ディレクトリに直接アップロードした場合は必ずファイルの所有権の変更を行っておきましょう。

これで、直接インストールする方法は完了しました。

詳しい設定方法については、後ほど解説します。

WordPress管理パネルのプラグイン新規追加からインストール

次に紹介するのは管理パネルからプラグインをインストールする方法になります。

まずは、管理パネルから「プラグイン新規追加」をクリックします。

プラグインの検索に「TinyMCE Templates」と入力します。

プラグイン新規追加画面の画像

このように表示されるので「今すぐインストール」をクリックします。

プラグインインストール有効化の画像

有効化をクリックしてインストールが完了します。

管理パネルからプラグインを見てみると、以下のようにインストールされているのが確認できます。

プラグイン設定画面の画像

プラグインのインストールの解説はこれで終了です。

次は実際に設定を行っていきましょう。

TinyMCE Templates」の設定方法

ここでは具体的な設定方法について解説していきます。

テンプレート新規登録の方法

テンプレートの新規追加を行いたい場合は、管理画面左の「鉛筆みたいなアイコン」⇒「新規追加」をクリックします。

tinymce-templates新規追加ボタンの画像

「新規追加」をクリックすれば下図のような設定画面になります。

tinymce-templates新規登録画面

「テンプレートの新規登録」の画面になるので、自分の記事の決まったテンプレートを入力していきます。

試しに、自分がよく使う記事の構成をテンプレート化してみます。

※テンプレート例(プラグインの紹介の場合)

①h1大見出し

②写真

③イントロ(導入文)

④内部リンク

⑤h2見出し「〇〇○インストールの方法」

⑥本文

⑦h3見出し「〇〇○配布サイトからダウンロード」

⑧本文

⑨h3見出し「WordPress管理パネルのプラグイン新規追加からインストール」

⑩本文

⑪h2見出し「〇〇○」設定の方法

⑫本文

⑬まとめ

⑭内部リンク

以上のようなテンプレートにしてみたいと思います。

この記事構成は自分がプラグインの紹介によく使うテンプレートで、この記事もこの構成で書かれています。

それでは、このテンプレートを実際に入力したら下図のようになります。

tinymce-templates入力後の画面

登録を完了するときは「公開」ボタンをクリックします。

ここで「公開」ボタンをクリックしても、外部に公開されるわけではなく、単純に「テンプレートを登録する」という意味になります。

テンプレートの編集・削除の方法

この画面は、いつでも編集可能で、管理画面左の「鉛筆みたいなアイコン」⇒「テンプレート」をクリックします。

プラグインtinymce-templatesテンプレートボタンの画像

すると、テンプレートの管理画面に移動します。

tinymce-templates管理画面の画像

ここの画面でいつでも登録されたテンプレートの管理(編集・削除)ができます。

実際に記事の投稿画面でテンプレートを使用する方法

まず、記事の「新規投稿を追加」画面へ移動します。

「メディアを追加」ボタンの横に「テンプレートを挿入」というボタンが追加されたのでクリックします。

テンプレートを挿入ボタンの画像

テンプレートの選択画面が表示されるので、どのテンプレートを使用するか選択して、「テンプレートを挿入」をクリックします。

tinymce-templatesテンプレート選択画面の画像

これで、テンプレートが入力されました。

tinymce-templatesを入力した後の画像

まとめ

今回紹介した「TinyMCE Templates」は、よく使用する記事の構成を前もって登録しておけるプラグインです。

冒頭でも書きましたが、文章を書くテクニックや検索順位を上げるためのSEO対策は当然重要です。

そして、それらにプラスして記事を書くための環境を整備してあげると、記事作成の効率が上がります。

このプラグインをインストールして短縮できる時間は5〜10分くらいかもしれません。

ただ、

記事を沢山書く人にとっては少しでも時間短縮につながり、

初心者の人には決まったテンプレート通りに書けば、記事の構成がブレない、といったメリットがあります。

テンプレートは複数登録できるので、よく使用するテンプレートを登録して、作業環境を改善していきましょう。

「TinyMCE Templates」以外の役に立つプラグインも沢山ありますので、いろいろ試してみると良いかもですね。

ビジュアルエディタ「TinyMCE Advanced」の使い方
ビジュアルエディタ「TinyMCE Advanced」で簡単記事作成(できることと使い方の解説) 「TinyMCE Advanced」は記事を作成する際に使用するビジュアルエディタの機能を拡張するWordPressプラグインになり...
ワードプレス無料プラグインPage Builderでトップページ作成
「Page Builder」でトップページをカスタマイズしよう ここではワードプレスのプラグインを使用したトップページの作成方法について解説していきます。 「ブログにホームページのようなトップページを作成したい!!」 「投稿記...
ワードプレス高速化!プラグインa3 lazy loadで簡単設定
a3 Lazy LoadをインストールしてWordPressを高速化しよう サイト表示の高速化は、サイトを運営している方たちにとって、重要なテーマです。 どんなに良い記事を書いて、有益な情報を発信したとしても、サイトの読み込...

コメント

タイトルとURLをコピーしました