LinuxでYouTube動画をダウンロードする方法(youtube-dlのインストール方法から実際に使用する方法)

「youtube-dl」は、YouTubeなどの動画共有サービスから動画のダウンロードや音声の抽出を行うコマンドラインプログラムで、動作するためにはPythonバージョン「2.6」、「2.7」、又は「3.2+」が必要となります。

「youtube-dl」は、様々な機能を持っていますが、単純に動画をダウンロードするだけなら、簡単にできるのでオススメです。

「youtube-dl」インストール方法

「youtube-dl」をインストールするには何通りかの方法があります。

$ sudo wget https://yt-dl.org/downloads/latest/youtube-dl -O /usr/bin/youtube-dl
$ sudo curl -L https://yt-dl.org/downloads/latest/youtube-dl -o /usr/bin/youtube-dl

wgetを使用した場合、最新版をインストールできます。

curlを使用した場合はLinux OSだけではなく、macOSの環境でのインストールも可能になります。

上の例では、「/usr/bin」にダウンロードしていますが、ダウンロード先は任意のディレクトリでも大丈夫ですのでお好きなディレクトリを指定してください。

ちなみに、youtube-dlを更新する場合は、パッケージ管理システムである「pip」がインストールされていれば下記のコマンドで実行できます。

$ sudo -H pip install --upgrade youtube-dl

「youtube-dl」権限変更

「youtube-dl」をインストールした「/usr/bin/youtube-dl」ファイルの権限を変更します。

デフォルト(root権限)のままでも問題ないのですが、コマンド入力の際に都度「sudo」の入力が必要になるので、お好みで権限を変更します。

アクセス権限の変更は、アクセス権限を変更する方法と所有権を変更する方法の2通りがあります。

「youtube-dl」アクセス権限の変更

$ sudo chmod a+rx /usr/bin/youtube-dl

「a+rx」は全てのユーザーに読み込みと実行権限を与えるオプションになります。

「youtube-dl」所有権の変更

$ sudo chown ユーザー名:ユーザー名 /usr/bin/youtube-dl

「youtube-dl」の所有者とグループをユーザーのみに限定したコマンドになります。

色々なサイトを見ると、「chmod a+rx」を使用したアクセス権限の変更について書かれていますが、誰でも実行可能になるのが気持ち悪い方は、所有権の変更で対応するのが良いかと思います。

「youtube-dl」の使用方法

例えば、YouTube等の動画をダウンロードする場合は、下記のコマンドを使用します。

$ youtube-dl 動画のURL -o '/usr/mymusic/music1'

「'/usr/mymusic/music1'」はダウンロードしたファイルの保存先と保存ファイル名になります。

この例では「/usr/mymusic」ディレクトリ内に「music1」というファイル名で保存していることになります。

ファイルの保存先と保存ファイル名は任意になりますので、好きな場所に好きな名前で保存できます。

 

参考サイト:YouTube.comおよび他のビデオサイトからビデオをダウンロードするためのコマンドラインプログラム

コメント

タイトルとURLをコピーしました