[簡単&詳細解説]Ubuntuにnginxをインストールする方法

nginxをubuntuにインストールする方法は何通りかのやり方がありますが、ここではnginx公式サイトを利用する方法について解説していきます。

今回紹介する方法は、ubuntu16.04及びubuntu18.04で確認を行っています。

関連記事

最新のMySQL8.0をubuntuにインストールする方法

ubuntuにPHP7.3をインストールする方法

現在登録されているキーの確認

apt-key list コマンドで現在登録されているキーを見てみます。

ここではPGPキーをダウンロードする前なので、nginxのキーはまだ登録されていません。

$ sudo apt-key list

nginxキーリスト登録前

nginx リポジトリをUbuntu に追加する

PGPキーのダウンロード

nginx公式サイトから、PGPキーのダウンロードを行います。

「wget」は、指定したURLのファイルをダウンロードするためのコマンドで、ここではnginx公式サイトから暗号化(PGP)されたキーを取得します。

$ wget https://nginx.org/keys/nginx_signing.key

PGPキーをaptに追加

ダウンロードしたPGPキーをaptに追加します。

「OK」と表示されれば登録成功になります。

$ sudo apt-key add nginx_signing.key

nginxダウンロードキーインポート

追加されたキーの確認

apt-key list コマンドで現在登録されているキーを見てみます。

最後にnginxのキーが追加されたことが分かる思います。

$ sudo apt-key list

nginxキーリスト登録後

公式リポジトリの URLを追記

次に、公式リポジトリの URL を Ubuntu に登録します。

URLは「/etc/apt/sources.list」に追記して登録しますが、以下の2通りの方法があります。

  • /etc/apt/sources.listに直接追記する
  • コマンドで追記する

どちらでも可能ですが、/etc/apt/sources.listに直接追記する方法が視覚的に分かりやすく、コマンド入力は手順が簡単という特徴があります。

/etc/apt/sources.listに直接追記する方法

root 権限でファイルを開き、末尾に2行追加して上書き保存します。

$ sudo nano /etc/apt/sources.list
追記する内容

以下2行を末尾に追加(ubuntu16.04の場合)
deb http://nginx.org/packages/ubuntu/ xenial nginx
deb-src http://nginx.org/packages/ubuntu/ xenial nginx

nginxコード追記

この追記する中の「xenial」の部分はコードと呼ばれていて、ubuntuのバージョンによって下のように変化します。

ubuntu18.04の場合なら、下記のようになります。

deb http://nginx.org/packages/ubuntu/ bionic nginx
deb-src http://nginx.org/packages/ubuntu/ bionic nginx

nginx公式サイトを参考にしています。

バージョンコード読み方
16.04xenialゼニアル
18.04bionicバイオニック
18.10cosmic宇宙
19.04discoディスコ

コマンドで直接追記する

sudo sh -c "echo 'deb http://nginx.org/packages/ubuntu/ xenial nginx' >> /etc/apt/sources.list"

sudo sh -c "echo 'deb-src http://nginx.org/packages/ubuntu/ xenial nginx' >> /etc/apt/sources.list"

nginx の最新版を apt インストールする

パッケージリスト更新

nginx 公式リポジトリの追加が完了したので、設定変更を反映させるために、リポジトリ情報を最新化します。

パッケージリストを更新するため、apt-get update コマンドを実行します。

$ sudo apt update

nginxバージョン確認

apt show コマンドでバージョンを確認します。
現時点での最新版 1.16.1 が認識されていることが分かります。

$ sudo apt show nginx

nginx-showコマンド

また、apt-cache policy nginx コマンドを実行しても、同様に最新版 1.16.1 が認識されていることが分かります。

$ sudo apt-cache policy nginx

apt-cache policy nginx コマンド

nginxインストール

nginx のインストールを実行します。

$ sudo apt install nginx

インストールが完了すると以下の表示が出ます。

nginxインストール成功表示

nginxバージョン確認

インストールしたnginxのバージョンを確認してみます。

$ nginx -v

「nginx version: nginx/1.16.1」と表示されれば、最新版nginxのインストール成功です。

nginx 自動起動設定

Ubuntu の起動時に、nginx も自動起動するように設定します。
root 権限で systemctl コマンドを使用します。

$ sudo systemctl enable nginx

nginx自動起動設定

nginx起動

systemctl startコマンドを使用してnginxを起動します。

$ sudo systemctl start nginx

nginx 動作確認

systemctl status コマンドで状態を確認し、active (running) であれば OK です。

ターミナル上で「lines 1-12/12 (END)」と表示されたら、「Q」をクリックすれば元の画面に戻ります。

$ systemctl status nginx

nginxステータス確認

nginxブラウザ表示

ブラウザのアドレスバーに http://<サーバー IP> とアクセスし、nginx の初期ページが表示されるのを確認します。
AWS など外部クラウドを使っている場合は、80番のポート開放を行いアクセス許可が必要です。

●日本語表示

nginx日本語表示

●英語表示

nginx英語表示

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました