linux[Ubuntu]で画像編集[GIMP]をインストール

linux アプリ

linux[Ubuntu]で画像編集[GIMP]をインストール

画像編集をイメージした画像

「GIMP」はGNU Image Manipulation Programの略で、簡単にいうとlinux用フリーウェアの画像編集ソフトになります。

主にlinux ubuntuで使用されていて、無料でありながら基本的な画像加工に加え、多様なプラグインが存在し、テキスト入力や画像加工、モザイク編集、アニメーション合成(GIF)等、パソコン上のほとんどの画像編集ができるアプリです

2018年現在では、GIMP 2.10.0 がリリースされていて、これが最新となっています。

それでは、「GIMP」のインストールから始まって、基本的な使い方について解説していきます。

 

使用機器環境

OS       Ubuntu 16.04 LTS

WEBサーバー    Apache2(自宅サーバー)

データベース   Mysql

「GIMP」をインストールしてみよう

それでは早速、「GIMP」のインストール方法を見てみましょう。

「GIMP」をインストールするには次の2通りの方法があります。

  • コマンド入力をしてインストール
  • 「Dock」のubuntuソフトウェアからインストール

色々なサイトを見るとコマンド入力によるインストールについて解説しています。が自分は何回試してもインストールできませんでした。。。使用している機器の使用の問題なのか、それ以外の問題なのか原因不明で、結局、コマンド入力によるインストールを諦めて、ubuntuソフトウェアからインストールを行ったらあっさり導入できました。

今回は、コマンド入力、ubuntuソフトウェアの両方のインストール方法について説明します。

コマンド入力による「GIMP」のインストール

コマンド入力によるインストールは以下の書式になります。

$ sudo snap install gimp

gimpインストールコマンド

と入力します。インストールはこのコマンドのみで完了します。

インストールされた「GIMP」のバージョンは、「gimp 2.10.8」となっています。

「Dock」のubuntuソフトウェアから「GIMP」をインストール

「Dock」からのインストールは、視覚的に分かりやすいので、簡単にインストールできます。まずは「Dock」画面から「ubuntuソフトウェア」をクリックします。

ソフトウェアダウンロードアイコン

これが「ubuntuソフトウェア」のアイコンになります。「ubuntuソフトウェア」では色々なアプリケーションをダウンロードする事が可能になってます。

「ubuntuソフトウェア」をクリックしたら、以下のような画面が表示されます。

ソフトウェア検索画面

上の検索画面でgimpと入力します。すると以下のような画面が表示されます。

検索結果画面

「GIMP」が2種類表示されているのが分かります。上側の英語表記の「GIMP」はもともとデフォルトでインストールされているアプリになります。

日本語に対応しているのが下側の「GIMP画像エディタ」になりますので、こちらをインストールします。

ここで重要なことは、「GIMP画像エディタ」をインストールする前にデフォルトの「GIMP」をアンインストールすることです。これを削除しないで日本語版をインストールしてしまうと、不具合が発生する可能性がありますので、まず必ず最初にアンインストールを行って下さい。

  1. デフォルトの「GIMP」をアンインストール
  2. 日本語版の「GIMP画像エディタ」をインストール

という順番になります。アンインストールは「削除」ボタン、インストールは「インストール」ボタンをクリックします。インストールが完了すると「Dock」画面にアイコンが表示されます。

アイコン画像

ターミナルコマンドの下に「GIMP画像エディタ」のアイコンが表示されたらインストール完了です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました