[mv]ディレクトリやファイルの移動〜Linuxコマンド

コマンド一覧

mvコマンドの基本的な使い方

mvコマンドのタイトル

mvは「move」の略で、ディレクトリやファイルを移動するコマンドになります。

通常の移動

「mv」コマンドの基本書式は、以下の通りです。

$ mv [移動するファイル名またはディレクトリ名] [移動後のディレクトリ名]

例えば、ファイル名「test1」をディレクトリ「/var」へ移動する場合は、

$ mv test1 /var

とすれば移動できます。ディレクトリの移動も同じ操作になって、ディレクトリ「abc」をディレクトリ「/var」に移動する場合は、下記のようになります。

$ mv abc /var

名前の変更

「mv」コマンドはファイルやディレクトリの移動だけでなく、その名称の変更を行うときにも使用できます。

$ mv [変更前のファイル名] [変更後のファイル名]

$ mv [変更前のディレクトリ名] [変更後のディレクトリ名]

例えば、ファイル「test1」を「test2」というファイル名に変更する場合は、

$ mv test1 test2

ディレクトリ「abc」を「xyz」というディレクトリ名に変更する場合は、

$ mv abc xyz

となります。

ファイル、ディレクトリの移動先が階層になっている場合は、移動したい先のディレクトリ名まで記載します。例えば、ファイル「test1」を「var」ディレクトリの中の「www」ディレクトリの中の「html」ディレクトリに移動する場合は、下記のようになります。

$ mv test1 /var/www/html

複数のファイルを同時に移動

複数のファイルを移動するときの基本書式は、

$ mv [移動するファイル名1] [移動するファイル名2] [移動先のディレクトリ名]

例えば、「/var」ディレクトリの中にファイル「test1」、ファイル「test2」を移動する場合は、

$ mv test1 test2 /var

となります。

ディレクトリの移動も同様に行なえます。「/var」ディレクトリの中にディレクトリ「abc」、ディレクトリ「xyz」を移動する場合は、

$ mv abc xyz /var

となります。

mvコマンドのオプション

「mv」コマンドにはいくつかのオプションが備わっています。

一般的なオプション

-i(--interactive) 「インタラクティブ」

移動先のディレクトリに同名のディレクトリやファイルが存在した場合、mvコマンドにより移動先のディレクトリにある同名のディレクトリやファイルは上書きされます。上書きするかどうかを事前に確認したい場合に使用するオプションになります。

「mv」で「-i」オプションコマンドの基本書式は、

$ mv -i [移動するファイル名] [移動先のディレクトリ名]

となります。例えば下記のような場合、

$ mv test1 /var

ファイル「test1」をディレクトリ「/var」へ移動してるのですが、コピー先のディレクトリ「/var」に「test1」があった場合、上書きされてしまいます。「-i」オプションを使用することにより、下記のように確認メッセージが表示されます。

$ mv -i test1 /var

とした時に、

という確認メッセージが表示されます。問題なければyを入力して実行します。上書きをしたくなければnを入力します。

-f( --force) 「フォース」

上記の「-i」オプションコマンドでは、上書きの確認を行いますが、「-f」オプションコマンドでは逆に確認を行わず強制的に上書きされます。上書きすることが前もって分かっている場合に使用すると良いでしょう。

「mv」で「-f」オプションコマンドの基本書式は、

$ mv -f [移動ファイル名]  [移動先のディレクトリ名]

-v( --verbose) 「ヴァーボウス」

移動したファイル名を表示し確認できます。

「mv」で「-v」オプションコマンドの基本書式は、

$ mv -v [移動するファイル名]  [移動先のディレクトリ名]

となります。例えば下記のような場合、

$ mv -v test1 /var

というようにコピーの結果が表示されます。

「-v」オプションコマンドは複数のファイル等を同時に移動する時に便利なコマンドになります。

例えば下記のような場合、

$ mv -v test1 test2 test3 /var

ファイルが複数でも確認できます。

-b( --backup) 「バックアップ」

「mv」コマンドでは移動時に同名のファイルやディレクトリがある場合、移動と同時に上書きを行う仕様になっています。「-b」オプションを使用することにより、バックアップファイルを生成できます。ファイルを書き換える時などにバックアップをとっておく癖をつけると、不具合が起こった時にすぐに復旧できる利点があります。

「mv」で「-b」オプションコマンドの基本書式は、

$ mv -b [移動するファイル名] [移動先のディレクトリ名]

となります。例えば、ファイル名「test1」をディレクトリ「/var」に移動する時、

$   mv -b test1 /var

この時、「/var」にすでに「test1」がある場合、となります。この時バックアップファイルは「test1~」という名称で作成されます。「/var」に存在していた「test1」の内容は、移動してきた「test1」の内容に上書きされますが、元の「test1」の中身は「test1~」というファイル名ででバックアップされたことになります。

-b( --suffix) 「サフィックス」

バックアップ時に後ろにつける文字列は「~」だけではなく、指定することも可能です。文字列を指定指定する場合のオプションは「--suffix=」となり、基本書式は

$ mv -b --suffix=[任意の文字列] [移動するファイル名] [移動先のディレクトリ名]

となります。例えば、、ファイル名「test1」をディレクトリ「/var」内に移動するとき、すでに「/var」内に同じファイル名「test1」が存在して、上書きした時のバックアップファイル名を「test1backup」とする場合は、下記のようになります。

$   mv -b --suffix=backup test1 /var

この操作により「test1backup」というバックアップファイルが生成されます。

その他にもバックアップ時の日付を付けたいと言った場合は、「=_$(date +%Y%m%d)」を使用します。

$ mv -b --suffix=_$(date +%Y%m%d) test1 /var

となり、バックアップファイル名は「test1_20181028」と言ったように今日の日付を後ろに付けることができます。

-n( --no-clobber)

移動先に同じ名前のファイルやディレクトリがあるとき、「-n」オプションをつけてmvコマンドを実行すると、移動が実行されません。上書きをしないようにするのが「-n」オプションの役割になって、基本書式は、

$ mv -n [移動するファイル名] [移動先のディレクトリ名]

となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました