[cd]ディレクトリの移動(絶対パス、相対パスの使い方)〜Linuxコマンド

cdコマンドのアイキャッチ画像 コマンド一覧

cdコマンドの使い方

「cd」コマンドは作業するディレクトリの移動をするときに使うコマンドになります。

デイレクトリって何???という方はこちらの記事をご覧ください。

ディレクトリとは(ディレクトリの種類パスとファイル名の解説)
Linuxで使用するディレクトリの意味と仕組みを徹底解説(ディレクトリの種類パスとファイル名) ディレクトリとは ディレクトリはWindowsでいうとフォルダに当たるものになります。Linuxは階層構造を基本としており、ディレクトリ...

 

cdコマンドの使い方

「cd」コマンドの基本書式は、以下の通りです。

$ cd  移動先のディレクトリ名

cdの後ろに移動先のディレクトリ名を入力すれば、そのディレクトリに移動することができます。

例えば、「var」ディレクトリに移動する場合は、

$ cd /var

となります。また、「var」ディレクトリの下の階層にある「www」ディレクトリに移動したかったら、

$ cd /var/www

と行った具合に、「/」をディレクトリとディレクトリの間に入力することによって、つながっている下の階層のディレクトリへも移動することができます。ここで注意すべき点は、「www」ディレクトリに移動するために、「/www」だけを入力しても移動はできないという事です。

例えば、「/var」ディレクトリ内の「/www」へ移動するために $ cd /www 

と入力しても、

エラーメッセージの表示

 

というエラーメッセージがでます。下の階層に移動する場合は頂点のディレクトリを起点として、目的地のディレクトリまでの全てのディレクトリをつなげてあげる必要があります。

様々なディレクトリの指定方法

ディレクトリの指定方法は大きく分けて「相対パス」と「絶対パス」に分かれます。

ホームディレクトリへの移動

ホームディレクトリへの移動の基本書式は、以下の通りです。

$ cd

単純にcdと入力するだけでホームディレクトリに戻ることができます。

また、以下の書式も同様の動作になります。

$ cd ~

見づらいですが、cdと~の間にはスペースがあります。実際の表示は、

cdコマンドの画像

このようになります。

相対パスでの移動

相対パスとは現在作業しているディレクトリ(カレントディレクトリ)を起点として、それよりも下位層にあるディレクトリを指定する方法になります。

例えば、/var/www/html/wordpressといったディレクトリ階層があって、現在「/www」ディレクトリで作業しているとします。この時、「/wordpress」ディレクトリの相対パスは、

html/wordpress

となり、移動するためのコマンドは

$ cd html/wordpress

となります。つまり現在作業しているカレントディレクトリ「www」を起点としてその下位層のディレクトリを表す位置となります。別な例では、現在のカレントディレクトリが「/html」であった場合、「/wordprss」ディレクトリの相対パスは、

wordpress

のみとなります。

つまり、同じディレクトリを指定する場合でも、カレントディレクトリの位置によって相対パスが変化することがわかります。

相対パスはカレントディレクトリの階層のみを入力すれば良いので、入力数が少なくてすむというメリットがあります。ただ、現在自分がどのディレクトリで作業しているかという事を常に把握している必要があります。

絶対パスでの移動

絶対パスとは現在作業しているディレクトリとは関係なく、全体の1番上の階層から見てどの位置かを示す方法のことを表します。

例えば、/var/www/html/wordpressといったディレクトリ階層があって、現在「/www」ディレクトリで作業しているとします。この時、「/wordpress」ディレクトリの絶対パスは、

/var/www/html/wordpress

となり、最上位層の「/var」から表します。

絶対パスを使用する場合は、カレントディレクトリの位置に関係なく、たった一つの方法でしか表すことができないようになっています。最上位のディレクトリから指定するディレクトリまでの繋がりを全て入力したものが絶対パスとなります。

絶対パスは入力した時に、階層構造が視覚的に把握しやすいと言ったメリットがありますが、入力数が多いといったデメリットもあります。

 

※相対パス、絶対パスのどちらを使用するかは場面場面で選択していけば良いと思います。「cd」コマンドでは入力を間違えてもシステムに影響が出ることはないので、気軽に使って慣れていくと良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました