グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの違いって何???

IP

グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの違いって何???

Pアドレスとは???

IPアドレスとは、ネットワーク上で機器(PC等)を識別するための番号になり、インターネットに接続する際や、同じネットワーク上のパソコン間で通信する際に、必ず必要になる番号となります。いわばインターネットの世界における住所のような役割を持っています。

IPアドレスは、例えば下図のような数字で構成されています。

 

 

世の中のインターネットに接続されている全ての機器1台1台にこのようにIPアドレスが割り振られていて、管理される仕組みとなっています。

IPアドレスには大きく2つの種類、グローバルアドレスとプライベートアドレスが存在します。

基本的なIPアドレスの仕組みについて知りたい方は以下を参照して下さい。

IPアドレスとは???簡単解説IPアドレスの基本
IPアドレスとは???簡単解説IPアドレスの基本 そもそもIPアドレスって何なの??? インターネットに接した時、たまに耳にする「IPアドレス」っていうインターネット用語について、誰でも簡単に分かるように解説します。まずは結論か...

グローバルアドレスとは???

グローバルアドレスは世界でたった一つの番号

世界中には多くののネットワーク機器が接続されています。パソコンやスマートフォン、タブレットから家庭用ゲーム機、テレビ、プリンター、カメラ等をイメージしてもらえると分かりやすいと思います。

ネットワークというのは、いってみればそれらが網の目のようにつながっている状態です。

インターネットに接続してお店のホームページを見たり、調べものをしたりする事は、世界中のどこかのサーバーに保管されているデータを見ているという事になります。

例えばインターネット上ではあなたを含め沢山の数のユーザーが行き来しているわけですが、ホームページにアクセスしているのは、どこの誰なのか?というのを示しているのが グローバルIPアドレスです。

一般家庭であれば、インターネットに接続したい場合は、必ず「プロパイダ」に契約すると思います。

又、携帯電話やタブレットを使用したいときは、必ず携帯会社(有名な大手3社等)と契約します。

この時、契約が完了した時点で、「プロパイダ」や「携帯会社」のほうから、グローバルIPアドレスが割り振られているのです。

この時割り振られたグローバルIPアドレスを使用して、はじめてインターネットに接続できるようになります。

割り振られたグローバルIPアドレスというのは、インターネットの世界における住所になります。そしてインターネットの世界では住所を持っている人だけが接続できます。

つまり、「プロパイダ」や「携帯会社」と契約するということは、インターネットに接続するための「住所=グローバルIPアドレス」を手に入れるという事といえます。

そして、そのグローバルIPアドレスは重複して割り振られることがないように世界規模でしっかりと管理されています。

グローバルIPアドレスって1人で何個も持てるの???

先ほどの解説で、グローバルIPは世界中で重複することがない、たった一つの番号であるということが分かりました。

それじゃ、家庭でインターネットにつながっているパソコン1台1台、ゲーム機、テレビ、タブレットそれぞれにグローバルIPアドレスが割り振られているの???って疑問が出てきます。

答えは、、、NOです。

例えば、一般家庭でインターネットを使用する例を解説します。

上の図を見てみますと、ルーターというものがあるのがわかると思います。例えば、パソコンからインターネットに接続した場合、必ずルーターをいうものを経由します。

一般家庭でインターネットに接続する場合、まず「プロバイダ」と契約するというのは、すでにインターネット回線につながっている方なら分かると思います。

そして「プロバイダ」と契約したら家庭に送られてくるのがルーターになります。

メーカーによって形や大きさも違いますが、こんな感じの機械がルーターになります。よく勘違いされることなのですが、

インターネットにはパソコンや、ゲーム機、テレビが直接つながっているわけではありません。

インターネットに直接つながっているのは、「ルーター」になります。パソコン等の機器は、ルーターを経由してインターネットに繋がります。

 

ルーターを簡単に説明するとき、家の玄関を例えにする事があります。

①例えば、買い物をしにスーパーにお出かけしようとします。自宅から出るとき、玄関から出ますよね???窓から出たりしないですよね???

②郵便局の人が手紙を届けるときは、自宅のポストに入れていきますよね???家の中に入ってきて手渡しすることは無いですよね???

③お客さんが自宅に来た時、まずインターフォンを押しますよね???いきなり家の中に入ってきたりしないですよね???

何となくイメージができましたか???

①の例では、スーパーはどこかのホームページ、自宅はパソコン、玄関はルーターになります。つまり、どこか出かけるときは、必ず玄関から出ます。帰ってきた時も必ず玄関から自宅に入ります。

②の例では、手紙はポストに入れられます。そしてポストは一つあれば十分でなおかつ世界中で重複することはありませんよね。

一般家庭では、パソコンが何台あろうと、いろんな機器が何台あっても、ルーターが一台あればインターネットに繋がることができます。

ルーターにグローバルIP(住所)が割り振られていれば、パソコンとかをルータに接続してやればいつでもインターネットにつなげることができます。

つまり、グローバルIPはルーターに割り振られていているため、大抵の一般家庭で使用するグローバルIPは一つだけということになります。

プライベートIPアドレスとは???

プライベートIPアドレスは身内同士で使用される番号

グローバルIPアドレスは各ルーターに割り振られた識別番号という事が分かりました。それでは、プライベートIPアドレスはグローバルIPアドレスと一体何が違うか解説していきます。

プライベートIPアドレスは同様の意味でローカルIPアドレスとも呼ばれます。

プライベートIPアドレス=private IP adress

ローカルIPアドレス=local IP adress

 

「private」は直訳すると「私的の〜」や「個人的な〜」という意味、「local」は直訳すると「地元の〜」や「同一区内の〜」という意味になります。

インターネットの世界では、ルーター同士で外部とつながった環境の反対を表す意味になります。

グローバルIPアドレスの項目でもふれましたが、インターネットに接続されているのは世界中に無数にあるルーター同士です。ルーター同士が結ばれた環境をグローバル環境と言います。

そのルーターに接続した機器をまとめた環境がプライベート環境と呼ばれます。いってみれば身内同士の環境と言えます。

例えば、上の図を一般家庭のモデルとします。インターネットに接続する場合、プロバイダから送られてきたルーターに、インターネットに接続したいパソコンやスマートフォン、ゲーム機を接続します。この際、ルーターへの接続は有線のケーブルだったり、Wi-fiなどの無線LANで行います。

ルーターに接続したら、ルーターはそれらの機器を認識するために自動的に番号を割り当てます。

ルーターから自動的に割り当てられた番号がプライベートIPアドレスと呼ばれるものになります。

グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの具体例

グローバルIPアドレスが外部との通信に必要なルーターの識別番号で、プライベートIPアドレスが身内同士で使われる識別番号だということが分かりました。

これを実際の社会で例えるとどのようになるかみていきます。

グローバルIPアドレスの具体例

例えば、会社の環境におきかえてみます。田中さんという会社員の方がいます。田中さんの会社的立場は、

「インターネット株式会社 営業部 営業第1課 係長 田中一郎」

であるとします。

田中さんがとある会社に飛び込みで営業に行ったとします。そこで自己紹介をするときに、

「初めまして。営業第1課の田中と申します。」

なんて言いませんよね。

相手からしたら、お前は一体どこの誰なんだ????ってなりますよね(笑)通常なら、

「初めまして。インターネット株式会社 営業部 営業第1課 田中と申します。」

ってなりますよね。まずは自分の社名を名乗ってから所属と名前を伝えると思います。

グローバルIPアドレスとはここでいう社名になります。

外部に出た時に使用する肩書(会社名)がグローバルIPアドレスになります。

プライベートIPアドレスの具体例

では、プライベートIPアドレスはどうでしょうか??

再び田中さんの例で見てみます。正式な肩書が、

「インターネット株式会社 営業部 営業第1課 係長 田中一郎」

である田中さん。

例えば、社内で事務連絡のために内線をかけたとします。

「インターネット株式会社 営業部 営業第1課 田中ですが、〇〇さんお願いします。」

なんて言い方はしないですよね。身内同士で話をするのにいちいち会社名から言う人はいないと思います。間違ってはいないんですけどね(笑)大抵なら、

「営業部 営業第1課 田中ですが、〇〇さんお願いします。」だったり、

「営業第1課 田中ですが、〇〇さんお願いします。」であると思います。

更に、小規模な会社で皆顔見知りであるなら、

「田中ですが、〇〇さんお願いします。」といったように、自分の名字ですませることもできます。

どういうことかというと、身内同士でやり取りする場合は、身内同士で分かる呼び方であれば何でも良いってことです。あだ名で呼び合っても良い会社もあるかもしれません。

つまり、

外部では使用できないけど、内部限定で使用できる呼び方がプライベートIPアドレスと呼ばれるものになります。

プライベートIPアドレスって何個もあるの???

グローバルIPアドレスは世界にたった一つしかなく重複されない番号と説明しました。

それでは、プライベートIPアドレスはどうなんでしょうか???

結論から言うと、プライベートIPアドレスは同じ番号が世界中に無数にあります。

再び田中さんの例で説明します。

「インターネット株式会社 営業部 営業第1課 係長 田中一郎」

である田中さんは世界でたった1人です。しかし、

「営業第1課 係長 田中一郎」ではどうでしょうか???

どこか別の会社にもいそうではありませんか???。さらに、

「係長 田中一郎」

ならどうでしょうか???違う会社に間違いなく沢山いそうですね(笑)

「係長 田中一郎」さんが、沢山いても誰も困りませんよね。これがプライベートIPアドレスの考え方です。

「インターネット株式会社 係長 田中一郎」

「グローバル株式会社 係長 田中一郎」

「プライベート株式会社 係長 田中一郎」

・・・・・・・・・・・・・

世の中に係長の田中さんが沢山いても、会社名を言えば、どこの田中さんか分かります。外部で通用する名称(会社名)がグローバルIPアドレスになります。

自分の会社でのみ通用する名称(肩書&個人名、あだ名)がプライベートIPアドレスになります。そして、会社に5人社員がいれば5通りの、100人いれば100通りの名称があります。そして会社が違えば同じ名称もありえます。

つまり、

会社名=グローバルIPアドレス=世界にたったひとつだけ(重複不可)

個人名=プライベートIPアドレス=世界に同じものがあるかもしれない(重複可能)

となります。

まとめ

ここで再び先ほどのせた図を見てみます。

ネコ君が接続しているグローバルIPアドレスは「60.30.26.32」です。これの番号は世界でたった一つしか無い番号になります。

ここでのプライベートIPアドレスは、ネコ君のパソコン「192.168.3.1」、クマ君のパソコン「192.168.3.2」、スパートフォン「192.168.3.3」、ゲーム機「192.168.3.4」であることが分かります。

これらの番号はルーターに接続した際に、ルーターが自動的に振り分けていますが、自分でも設定可能です。(日常で使う分には特に自分で設定は必要ないです。)

さて、ネコ君のパソコンのプライベートIPアドレスは「192.168.3.1」ですが、この番号は同じルーター「60.30.26.32」につながっている機器をルーターが識別するためのものです。

ひょっとしたら別のルーター「62.36.45.12」につながっている機器でも「192.168.3.1」が使われているかもしれませんが、それはあくまで別のルーター「62.36.45.12」内の話なので、ネコ君の使用している環境では関係ありません。

これが、グローバルIPアドレストプライベートIPアドレスの使い方の違いになります。

グローバルIPアドレス=外部との接続に必要な番号で同じ番号は無い

プライベートIPアドレス=内部だけに使用する番号なので同じ番号があるかもしれない

 

以上グローバルIPアドレストプライベートIPアドレスの説明でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました