ディレクトリとは(ディレクトリの種類パスとファイル名の解説)

ディレクトリの解説アイキャッチ画像 インターネット用語

Linuxで使用するディレクトリの意味と仕組みを徹底解説(ディレクトリの種類パスとファイル名)

ディレクトリとは(Linux用語)

ディレクトリとは

ディレクトリはWindowsでいうとフォルダに当たるものになります。Linuxは階層構造を基本としており、ディレクトリを移動して作業を行っていきます。

ディレクトリ階層構造と簡単に表すと以下のようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「root」ディレクトリを頂点として、様々なディレクトリが線でつながっています。そしてディレクトリは全て文字列で表すことができます。

ディレクトリという言葉を使うときに覚えておきたいのが次の用語になります。

ディレクトリの種類

カレントデイレクトリ

現在自分自身が作業を行っているディレクトリになります。例えば、現在「var」ディレクトリで作業を行っているのなら、カレントディレクトリは「var」ディレクトリになります。

作業を行っている途中で現在自分がどこのディレクトリにいるかを確認したい場合は「pdw」を入力すれば表示されます。

$ pdw

上記のように入力すれば絶対パスでカレントディレクトリが表示されます。絶対パスについては後ほど説明します。ここでは「pwd」と入力すればカレントディレクトリが表示されると覚えておいてください。

ルートディレクトリ

現在自分自身が作業を行っているディレクトリの1番上の階層にあるディレクトリになります。根本のディレクトリという意味となります。例えば、現在「www」ディレクトリで作業を行っているのなら、ルートディレクトリは「root」ディレクトリになります。実際に画面には「root」ディレクトリは出てこないので、基本は「etc」ディレクトリや「var」ディレクトリをルートディレクトリと考えて良いです。

ホームディレクトリ

自分自身が権限を持って自由に使えるディレクトリになります。自由にディレクトリやファイルを作成、削除することができ、画像や動画などのファイルを収納しておく場所になります。

パスとファイル名

パスとはディレクトリやファイルがどこにあるかを示すものになります。例えば、「test1」ファイルがあるとして、これを言葉で表した時、

「root」ディレクトリ内の「etc」ディレクトリ内の「apache2」ディレクトリ内に「text1」ファイルがあります!!!

 

・・・・・・・・自分でも何を言っているのか分からなくなりますね・・・・・コマンドにわざわざこんな言葉をかいてはいられません。

linuxではパスというものを使用して簡単に任意のディレクトリやファイルの位置を表す事ができます。

例えば上記の「text1」ファイルの場所をパスを使用すると、以下のように表すことができます。

/etc/apache2/text1

このように視覚的にすっきりと表示することが可能になります。

目的のディレクトリ名やファイル名とそれを辿るディレクトリのルートを示しているものが、パスになります。

「/」はディレクトリとディレクトリの境目を表す記号で「ルート」と呼びます。そして「/」で区切って後ろにディレクトリをつなげていきます。様々なディレクトリが「/」で繋がっていきますが、この事をlinuxでは階層が下がるという表現になります。最初は戸惑うかもしれませんが慣れると違和感なく使えるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました