[徹底解説!]初心者でも簡単「もしもアフィリエイト」の登録方法

アフィリエイト

「もしもアフィリエイト」の登録の方法について簡単にそして詳しく解説します。

もしもアフィリエイト登録方法のタイトル画像

「もしもフィリエイト」は初心者向けアフィリエイトの定番サイトともいわれ、「広告を掲載するメディア運営者」、「広告掲載を依頼する広告主」両方がWin-Winの関係を築くことを目標としているASPです。

「もしもフィリエイト」の大きな特徴として

W報酬制度で獲得報酬がUp

無料サイト作成ツール完備

アマゾンや楽天の広告を掲載可能&報酬の受け取りハードルが低い

他にも、初心者向けのマニュアル(アフィリエイト講座)があったり、管理画面も見やすく、アフィリエイト初心者に優しいAPSとなっています。

「もしもフィリエイト」をオススメする理由について知りたい方は、まずはこちらをご覧ください。

初心者必見!!「もしもアフィリエイト」をオススメする3つの理由
「もしもアフィリエイト」を選ぶ3つの理由について解説します。 皆さんは、APSを選ぶ時、どんな基準で選んでいますか? そのお使いのAPSを選んだ理由は何ですか? と聞かれた時、どのようにお答えになりますか? ・ネ...

もしもアフィリエイト登録の手順

メールアドレス登録

もしもアフィリエイトトップページへ移動

「もしもアフィリエイトトップページへ移動」をクリックして「会員登録する(無料)」か「無料会員登録」をクリックします。

会員登録画面

②メールアドレスを入力します

メール登録画面

③登録したメールBOXに仮登録が完了したメールが届くので、指定されたURLをクリックして本登録へ進みます

仮登録完了の画面

④アカウント情報の登録

ここでは、ユーザーIDとパスワードの登録をおこないます。

ユーザーIDは「もしもアフィリエイト」内でのあなたの名前になります。

「ユーザーID」や「パスワード」は大事な情報になりますので、必ずメモ等をしておき、忘れないようにしましょう

アカウント情報入力画面

⑤ユーザー情報登録

名前、住所、年令等の登録をおこないます。

会社名を書く欄がありますが、ここは任意です。(書かなくても問題ありません)

ユーザー情報登録画面

⑥利用規約の確認⇒「利用規約に同意して登録」をクリックします。

利用規約を確認する画像

⑦登録完了画面の表示

登録完了画面の画像

報酬振り込み口座の登録

もしもアフィリエイトへログインします。

 

ログインしたら上部メニューバーにある「サイトの管理」⇒「会員登録情報の変更(DS)」をクリックします。

会員登録情報変更画面の画像

「もしもドロッピング」のサイトへ移動しますので、先ほど設定したログインIDとパスワードを入力して、「ログイン」をクリックします。

ログイン画面の画像

もう一度パスワード認証がありますので、入力して「次に進む」をクリックします。

パスワード入力画面

アカウント情報やユーザー情報の管理画面が表示されます。下にスクロールしていくと、ページの中段あたりに「口座情報の変更」の項目があります。

口座情報変更の画像

「住信SBIネット銀行に登録」等の言葉がありますが、これは「もしもドロッピング」をしている場合に該当することで、「もしもアフィリエイト」にはとくに関係ありませんので気にしなくて大丈夫です。普段お使いになる銀行を入力して下さい。
金融機関名、支店名、口座番号、口座種別、口座名義を入力します。
全角、半角を間違えないようにしましょう。
入力が終了したら、一番下まで画面をスクロールするとパスワードを入力する項目があリます。
「現在のパスワード」に入力をおこないます。
現在のパスワードを入力する項目の画像

ゆうちょ銀行を利用する場合

口座登録でゆうちょ銀行を利用する場合は、少し注意が必要になります。

ゆうちょ銀行の通帳を1ページ目を開くと、上のページと下のページにそれぞれ番号があります。

上のページには5桁の記号と8桁の番号、

下のページには、

「この口座を他金融機関からの振込の受取口座として利用される際は次の内容をご指定下さい」と書かれた下に、3桁の店名(3桁の漢数字)、3桁の店番、7桁の口座番号が記載されています。

ここでは、この下のページの番号を使います。

例えば、ゆうちょ銀行で、支店名が五〇三、口座番号が1234567、口座名義が「モシモタロウ」の場合は、

例)

金融機関名(全角)    ゆうちょ銀行
支店名(全角)      五〇三支店
口座番号(半角)     1234567
口座名義(全角カタカナ)   モシモタロウ

このようになります。

※支店名の漢数字の後ろには「支店」の入力が必要になりますので忘れないで下さい。

入力が終了したら、一番下まで画面をスクロールするとパスワードを入力する項目があリます。
「現在のパスワード」に入力をおこないます。

現在のパスワードを入力する項目の画像

 

確認画面へ移動しますので、「上の内容で登録する」をクリックします。

上の内容で登録するボタンの画像

サイトの登録

続いて、広告を掲載するサイトの登録をおこないます。

現在、ブログやホームページをすでにお持ちの方は、このまま読み進めて下さい。

まだ、サイトを持っていない方は、下へスクロールして、無料でサイトを作成できる「もしもアフィリエイトさいつく」の登録をご覧下さい。

すでにブログやホームページを持っている方のサイト登録

①「もしもアフィリエイト」のトップページへ移動します。

サイトを追加するリンクの画像

②上部メニューバー内の「サイト管理」から「サイトを追加する」をクリックします。

サイト追加画面の画像

サイト名、サイトのURL(アドレス)、サイトのカテゴリー、月間PV数を入力します。

おすすめプロモーションは楽天とセブンイレブンが表示されていますが、ここはチェックをつけたままの方が良いです。

楽天は利用機会が多いですので、チェックは外さないようにしましょう。

入力が終了したら、「登録内容を確認する」をクリックします。

③サイト追加確認画面になります。

サイト追加確認画面の画像

確認後、「この内容で登録する」をクリックします。

これで、サイトの追加が完了しました。

無料でサイトを作成できる「もしもアフィリエイトさいつく」の登録

「さいつく」は「もしもアフィリエイト」が運営するサイトを無料で作れるサービスになります。

アフィリエイトのやり方を書いている、色々なブログやホームページを見ると、レンタルサーバーやドメインがどうとか書いていますが、慣れるまでは、この無料のサービスで大丈夫です。ある程度慣れてから、新たにブログを作成しても遅くありません。

①「もしもアフィリエイト」のトップページへ移動します。

②上部メニューバー内の「サイトの運営」から「さいつく」をクリックします。

さいつくへのリンクの画像

③「新規サイトを作成する」をクリックします。

さいつく新規サイトを作成する画面の画像

公開形式の選択画面が表示されます。

「もしもサーバーにアップロードする」と「忍者ツールズ(忍者HP)にアップロードする」の2通りの選択肢がありますが、初心者のかたは「もしもサーバーにアップロードする」にチェックを入れて下さい。

④サイト情報の入力画面に移動します。

サイト情報入力画面の画像

サイト名、サイトカテゴリ、サイトURLを入力します。

サイト名は、そのままサイトの名前になります。お好きな名前をつけて下さい。

サイトカテゴリは、そのサイトでどんな商品を紹介したいかを選びます。あなたの好きな分野(趣味や得意なこと)を選んであげると良いです。

サイトURLはサイトのアドレスになります。大抵はサイト名をつけてあげると分かりやすくてのちのち便利になります。

⑤レイアウト選択画面に移動します。

サイトレイアウト選択画面の画像

「レウアウト」、「サイト名、ヘッダー画像」、「追加情報」の入力をおこないます。

レイアウトは色々な種類があって迷いますが、あとで変更できますので、ここでは深く考えないで大丈夫です。

ヘッダー画像や追加情報もしばらく使ってみて慣れてからでOKです(笑)

レイアウトを決めたら一番下までスクロールして「保存する」をクリックします。

⑥サイト作成が完了

サイト作成完了表示の画像

これでサイトの作成が完了しました。

まとめ

アフィリエイト・サービス・プロバイダー(ASP)は「もしもアフィリエイト」の他にも色々な種類があります。

それぞれ特色が違いますので、色々試してみて自分にあうものを見つけていきましょう。

他の有名な大手APSとしては、A8.net(エーハチネット)やafb(アフィビー)があります。

こちらも初心者向けのサービスになっています。

[徹底解説!]初心者でも分かるA8.net登録方法と広告の貼り方
A8.net登録方法と広告の貼り方の手順の解説 A8.netは、アフィリエイトサイト登録数、広告案件数ともにダントツのNo.1を誇る国内最大手のアフィリエイトASPです。 ファンブログという無料ブログサービスが併設されているため、前...
[徹底解説!]初心者でも簡単afb(アフィビー)登録方法と広告の貼り方
(アフィビー)登録方法と広告の貼り方について解説します afb(アフィビー)は、アフィリエイトの定番サイトともいわれ、サイト登録数85万オーバー、4年連続利用者満足度率No.1(2015〜2018年)に選ばれているアフィリエイトA...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました